トップ / 賃貸物件での家賃交渉

賃貸物件を借りる際の交渉

賃貸物件を借りる事が決まった際に、家賃交渉をする人が増えています。毎月発生する費用ですから安いに越した事はありませんが、他の入居者との兼ね合いもありますので、初めから無理な金額の提示は控えたほうが良いでしょう。礼金は初回のみの費用なので値下げしてもらいやすいのですが、敷金は家賃滞納や退居時の為の担保金なので、敷金の値下げ要求は担保差し入れの拒否と受け取られかねませんので、注意が必要です。また、不動産業者を介する場合は仲介手数料が発生しますが、これは仲介業者の唯一の収入なので値下げは難しいでしょう。他に、金額ではなくエアコンや壁紙等の設備の更新を要求する方もいます。値下げ要求のタイミングは、書類の書き替え等を避ける為にも賃貸契約書類にサインする前が良いでしょう。

賃料交渉の注意点について

賃貸物件の賃料は景気に左右される部分が多く、やはり景気が悪いと賃料も低下する傾向にあります。しかし、だからと言って物件の賃料が交渉によって自分の思っている金額まで下がるとは限りません。よく「言うだけはタダ(無料)だから、言うだけ言ってみて。」と大幅な減額要求を仲介業者に打診する方がいらっしゃいますが、それはあまり得策ではありません。貸主の感覚からすると入居前に無茶な減額要求をする方は、入居後も無茶な要求をされる危険があると思ってしまい、賃貸物件の申込そのものを断られる可能性があるからです。減額要求は、常識的な範囲で行なった方が却って要望通りの金額で収まる可能性が高いと思います。

賃貸の比較する部分の情報

© Copyright 賃貸物件を比較するには. All rights reserved.