トップ / 賃貸探しの条件を設定

賃貸住宅におけるメリット

賃貸住宅に住むと、持ち家等と違い、引越しし易いです。持ち家ですと、年数経過による劣化や汚れは自分でリフォーム等を行うしかありません。引越しさえ行えば常に新築に住むことが可能です。また、最近では、壁紙の選択が可能、又は、住む人の好みで改装しても可能なところが出てきています。他にも間取りの変更が行えるような仕組みの部屋もあり、かなり自由度の高い設計になってきています。そして、最悪、住環境が合わなければ、手放して引っ越す事が持ち家よりも簡単です。賃貸住宅は、自分に合った環境かを判断することが出来ます。

決して損ではない賃貸物件

賃貸物件は持ち家である一戸建てや分譲マンションと違い資産は残らないため、住み続ければそれだけ損をすると思われがちですが、実際に資産といえる物件とはあくまで売却できる物に限ります。そして、コスト面では家賃と住宅ローンの返済額とで比較されることが多く、月々のかかるコストは同じ程度かそれ以下なります。しかし、持ち家は税金や修繕費などのメンテナンス費用がかかるため、住宅ローンの最大年数である35年住み続けた場合はトータルコストは持ち家の方が高くなる可能性があります。賃貸は必ずしも損ではないと言えます。

賃貸の比較する部分の情報

© Copyright 賃貸物件を比較するには. All rights reserved.