トップ / 気になる賃貸の音について

賃貸生活での基本的なルール

賃貸アパートやマンションに住んでいて一番気になるのは、他人の家から漏れ聞こえる騒音ではないでしょうか。楽器やテレビの音、深夜まで騒ぐ人の声、子供の泣き声や生活音、どれも他人からすればとても不愉快なものです。賃貸に住むのなら、そういった騒音を出さないよう気を配るのもルールです。窓を閉めたり、少し周りに気を配って生活することは、窮屈なようですがお互いにとって必要なことです。自分なら気にならない、といった利己的なことではいけません。自分がされて嫌なことは、人に対しておこなわない、自分の行動は誰かの迷惑になっていないだろうか、と時には考えてみるのも良いでしょう。

生活音の防音対策について

賃貸物件の多くは木造や軽量鉄骨造の集合住宅です。生活音のトラブルも非常に多いもので、防音対策はどの様にとればよいのか大変悩むところでもあります。生活音の中で特に気になるのが「足音」です。もちろん、家具(椅子)を引きずる音などもありますが足音というのは本人が思っている以上に響くものなのです。また子供のいる家庭では、子供の年齢によって部屋中を走り回ったりする為階下の住人にとって苦痛を感じる事もあるようです。賃貸物件では大家の承諾なしに勝手にリフォーム等出来ませので、手始めにクッション性の高いフロアマットやラグを敷き詰めるのが効果的です。パズルのピース上にはめて部屋の広さに応じた枚数で調節しやすく、価格もリフォームの比較にならない程安いので手軽に取り入れる事が可能です。ぜひ試してみて下さい。

賃貸の比較する部分の情報

© Copyright 賃貸物件を比較するには. All rights reserved.